インフォメーション

2018年12月2日 福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

12月に入り寒さが厳しくなってきましたね。
みなさん体調などは大丈夫でしょうか??
2日福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われ
寒い中、たくさんの方が亡くなった家族動物の供養に来られました。
 

 

 
今回の法話ではこんなお言葉をいただきました。
「光陰惜しむべし 時人を待たず」
光は日 陰は月にたとえ月日の事を表します。
月日を刻々一刻と命というものをけずりながら今日1日を生き
外に答えを求めるのではなく自分の歩む道、自分の役割を果たしていきなさいということです。
 
和尚がある1人の僧侶に質問されたそうです。
「私達はこの1日をどういう心構えで過ごしていけばいいのですか?」
という質問にこう答えたそうです。
「自分がこの1日を時間を使っていくんだ」
人々は月日や時間に追われるることが多いです。
その中でも自分がこの人生の主人公になっていく。
ドラマの主人公のように味わい深い人生を送っていますか?
 
時間を使うとはどういう事を表しているのかこんな心温まるお話をいただきました・
先日お檀家さんのお父さんのお参りに行かれた時のお話です。
1時にという事で10分前に家に着いたらまだお供えするご飯が炊けていないという事で
座敷でお茶を飲みながら待っていました。
すると娘さんたちがお坊さんに
「帰ってきたらお母さんがいなく30分前に戻ってきたの」と話されてきたので
何をしてきたか尋ねると
「お父さんの好きだったみかんを獲りに行ってたの」と、
ここで普通ならだいたいがごはんも早くに炊き保温にしたり、みかんを早くに獲りにいきますよね??
しかしお母さんは
「お父さんにお供えするなら炊き立てのごはんと新鮮なみかんをあげたいじゃない」
と言われました。。

そうです。これが和尚の時間を使っていくということです・・・
私達は1時ならそれまでになんでも早めに終わらせてしまいますよね。
ただ、これが時間に追われるという事なのです。
炊き立てのごはんの湯気はお父さんがまだそこにいるかのような・・・
お母さんの心の中にはお父さんがまだ生きているんです。
これが本当に主人公を使って生きていくということですね。

 
過去があって今があり、今と思った瞬間に過去になる。
今日すべき役割を果たしながらみなさんの人生があります。
今年あと少し悔いなく生きていきましょう。
 
 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

お電話でお問い合わせ

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059