インフォメーション

2月3日福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

節分の日の祥月月忌法要ということもあり
たくさんの方が家族動物の供養に来られました。
 

 

 
今回の法話は節分にまつわるお話をいただきました。
 
節分は年に4回あります。
立春・立夏・立秋・立冬の前日にあたり2月は立春で旧暦でいうと大晦日にあたります。
年越しの時に邪気(鬼)が生じ鬼を滅する(魔を滅する)ということで
豆をまくというふうになりました。
ただ生の豆だと再び芽がでてしまうので炒った豆をまきます。
 
節分をみなさんはどう過ごしますか?
恵方巻を食べるという方もいらっしゃると思いますが
大事なのは邪気(鬼)を払うということです。
 
では、邪気を払うとはどういうことか・・・
鬼は仏教でいうと心を迷わすものです。
こだわりや執着、煩悩です。
自分がこうしないといけないんだと固定概念でいくと間違えることがありますよね。
こんな言葉を聞いたことありますか?
『リフレーミング』
枠組みを外して別の枠で考えるということです。
例えば1時間講演があるとして
「あと〇分しかないと」と思って焦って伝えられないより
「あと〇分ある」と思って考えてゆっくり話せたほうがいいですよね。
自分の心をコントロールしていくことをリフレーミングといいます。
みなさんこういうことよくありませんか??
 
祥月にはいつも10分前にはつくように行動しています。
今日は節分ということもあり朝から供養がいくつか入っていて最後の方が遅れてこられました。
自分の予定がある中で予定をたててこの時間に供養をいれてもらったのにと思い
祥月に遅刻してはいけないと焦りながらお経をしました。
終わってから急いで霊苑のほうに車で向かうと
こういう日に限って信号の赤が続いたり前に車が入ってきたりと・・・
普段は気にならないことが気になってしまいました。
最終的には早めに到着できたのでよかったですが控室に座っていたら
お手洗いに入ろうとした1人の女性の方が声をかけてきてくれました。
「いつも私達のためにお経をあげていただいてありがとうございます」と
その瞬間に私のイライラの枠組みが外れました。
私はなにをしていたんだ。自分の都合で何時に行かないといけないという枠組みで見ていて
一番大事な僧侶としてなんのためにお経を唱えないといけないんだと
遅れてこられた方も供養したいと考えられてこられたのに
あの時のお経は私のご供養のお経をしてあげられたのだろうかと反省させられました。
その女性の方はその後こう言ってくださいました。
「いつも和尚さんのお話を楽しみで毎月ここに来させてもらっているんです」と言って頂いた瞬間
こんな未熟な坊主を目に見えないご縁で支えてくれているんだなと
改めて自分の邪気を払っていただけました。
自分もそういう思いを伝えていく僧侶になっていかないといけないなと・・・
 
邪気を払うということは自分のこだわりを捨てて
あるがままの花を見れば美しい、月を見れば美しいと言える心を大事にしていきたいですね。
 
《次回の法要の日程をお確かめください》
  
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

お電話でお問い合わせ

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059