インフォメーション

2月10日サンドーム北動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

雪がパラパラと降った寒い天気でしたがたくさんの方が供養に来られました。
 

 

 
法話ではこんなお話をいただきました。
 
先日東京の青山に福井のアンテナショップがありまして食のPRということで
副住職が講師としていかれたそうです。
 
日本にお寺の数はどのくらいあると思いますか?
日本はコンビニよりお寺の数が多いのです。
その中でも愛知県が4千ほどありますが人口に対して多いのが
滋賀県が1位 福井県が2位になります。
滋賀県と福井県は浄土真宗が多いことでも有名です。
そこで精進料理のたんぱく源の動物性でなく植物性の大豆を使った厚揚げが
66年 消費率1位が福井なのです。
精進料理を通じてお話しをしてきました。
 
なぜ今ここに手を合わせに来ているのですか?
供養するのに大事なことは可愛いからや一緒に過ごしてきたからということももちろんありますが
大元は同じ命をもつ生かされたものだからという事です。
 
みなさんが日々いただいている食事も命です。
多くの命を奪いながら今日私たちは生きています。
笑ったり泣いたり怒ったり感動したり。。。
その命はなにものなのかそれを言葉にしているのが
「いただいます」 「ごちそうさま」 なのです。
この言葉をお経にしたものを禅宗のお坊さんは必ず読みます。
「食事五観の偈(しょくじごかんのげ)」というのがあり各宗派で読まれています。
その5つ言葉があるなかに
「一つには、功の多少を計り、彼の来處を量る (ひとつには、こうのたしょうをはかりかのらいしょをはかる)」
つまりは自分の食卓に出された今目の前にある命ある食材が
どこから運ばれてきたかその苦労を推し量っていきなさいよということです。
そこで私がよくお話しするのが
「さんまの命の値段」というお話です。
なぜ「いただきます」「ごちそうさま」をしないといけないんですか?
例えば1匹500円のさんまはどこからきますか?
スーパーで家族が買いスーパーは市場で買いますよね。
そして市場は漁師から買います。
さんまの命の値段はどこにありますか??
それを考えていくのが仏教というものです。
一つのご縁の中で今日この命をいただいているのです。
命を育んだご縁というものは感じたことはありますか?
親族・家族動物が亡くなった時に無常の命の尊さ、今日という日が当たり前じゃないんだと感じます。
その無常を知っていくからこそ心の中でしっかりと移り変わるものを大切にし
「いただきます」を言わないといけないではなく言わずにはおられない本来の我々の心に触れていくのです。
 
人生はつらい・苦しい・悲しいですが逃げてはいけません。
しっかりと心と向き合っていきましょう。
 
 
《次回の法要の日程をお確かめください》
 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

お電話でお問い合わせ

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059