インフォメーション

法要ってなに??

法要とは亡くなった方の冥福を祈り供養する仏教の行事のことです。
遺族が追善供養することで極楽浄土に往生できるといわれています。
また、法要を通して縁や絆を再確認し、感謝の思いを新たに自分自身を見つめ直す場にもなります。
 
よく聞くのが「初七日」「四十九日」「一周忌」などがありますよね。
まず四十九日ですが、仏教では死後七週間はまだあの世とこの世の間をさまよっているとされています。
死後七日ごとに七回にわたって閻魔大王をはじめとする十王から生前の行いに対してお裁きを受け
四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。
そのため七回ごとに故人が極楽浄土に行けるよう善を送る(追善)法要をしていきます。
また、年忌法要は極楽浄土に行った家族をさらなる精進の道に導けるために営みます。
 
ではそれぞれどのような意味があるのでしょう?
初七日(しょなのか)・・・・この世とあの世の境にある『三途の川』に到着する日といわれています。不動明王
14日目(二七日 ふたなのか)釈迦如来
21日目(三七日 みなのか)文殊菩薩
28日目(四七日 よなのか)普賢菩薩
35日目(五七日 いつなのか)地蔵菩薩
42日目(六七日 むなのか)・・・・その都度裁きを受けます。弥勒菩薩
四十九日(七七日 なななのか)・・・・この日に来世の行先が決まるという最も大切な日です。観音菩薩・閻魔大王
一周忌(いっしゅうき)・・・・この日で喪が明けるとされています。
 

 
亡くなった家族動物が三途の川に辿り着き、無事に虹の橋を渡れるように
家族みなさんで供養していきましょう。
 
≪お参りの作法ってあるの?≫
 
ペット愛葬社では毎月各霊苑できまっている曜日・時間に祥月月忌法要があります。
受付されるとお経の時にペット達のお名前を読み上げてもらえます。
個人で手を合わせて供養するのもいいですが是非、こういった場にも参加して供養していってください。
お坊さんからの法話を聞きみなさんの心が癒されると幸いです。
 
≪各霊園苑の祥月月忌法要の日時をご確認できます≫
 
<お客様の声>
 
小松市 S様 / 金沢市 N様 / 野々市市 K様
 

 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

お電話でお問い合わせ

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059