インフォメーション

6月2日福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

暑い日が続くようになりましたがこの日は曇りで涼しい日になりました。
とてもたくさんの方が家族動物の供養に来られました。
 

 

 
⇓ こんな法話をいただきました ⇓
 
この供養も41年続いています。
今では家族動物として家族と一緒にというかんじになりました。
亡くなって寂しいと思います。
亡くなって姿形がなくなるとそれで終わりかとなりますがそれは逆なのです。
形がなくなってから生きてくるんです。
みなさんの心に住み着いてきてこれが供養になっていきます。
 
今大安禅寺は特別鳥獣保護区になって30年ぐらいです。
たくさんの鳥がやってきます。
昔はお寺とか関係なく猟師がやってきて鉄砲で鴨を撃っていました。
そのためすぐに申請をして鳥獣保護区にしてもらいました。
もちろん獣・猪などもきます。
動物も笑います、泣きます、悲しみます。
その亡くなった姿を思いまして我々の心の中で生き続けていきます。
 
みなさんも経験したことがあると思いますが
辛い時に家族動物が寄り添ってジーと見つめてくれた。
我々の世界には見えるものだけじゃなくて心の中で生きているものがたくさんあります。
人間の世界はお粗末になってきまして
家族葬・墓じまいなど両親の恩を忘れていくことが多くなってきました。
目に見えない世界の中に生きているという事を忘れてはいけないのです。
命は3つあります。
宿命・天命・運命
宿命というのは生まれながらにして目が不自由であったり体が不自由であったりどうしようもないもの
親からもらった遺伝的なもの。でもみんな一生懸命がんばっています。
運命というのはこうやって供養して話を聞いたりして人とめぐり合わせることです。
天命というのは努力です。尋常を尽くしてこそ初めて命が生かされます。
 
法名をつけるとその人がどういう性格かどういう生活を送ってきたか分かります。
最近は法名すらもつけません。法事もありません。
散骨といって骨をパウダーにして海にまくというこういう時代です。
こうなると自分がどこからきてどう命を使ってきたかみなさん答えられなくなってきます。
自分の人生が無茶苦茶になってきます。
どうか動物たちの恩。慈恩といいます。
健康なうちは今後も動物たちにお世話になったお礼を返すのが供養ですので
精一杯供養を続けていっていただきたいと思います。
本日もこんなにたくさんの方が供養に来られて動物達も幸せだと思います。
 
《次回の法要の日程をお確かめください》
 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

お電話でお問い合わせ

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059