インフォメーション

8月11日 小松ペット霊園にて祥月月忌法要が行われました

お盆ということもあり、沢山のご家族様が供養にご参列されました。 
 

 
⇓ こんな法話をいただきました ⇓
 
お盆のお話し。
お盆とは、ウランバーナというお経があります。
そちらが日本に渡ってきまして、始めのところを取りウラン。
ランを取りまして、お盆となったのが始まりだと言われています。
あるいは、おぼんで供え物をしたことからお盆と言われるようになったとも言われています。
 
ではウランバーナとはどういうお経なのか。
ウランバーナを日本の言葉で「意味は逆さまに吊るされた苦しみ」という意味です。
 
お釈迦さまのお弟子様で、お釈迦様の後継者ともいわれていた目連さんという方がおりました。
その方が一生懸命修行をされ、立派なお坊さんになられました。
目連さんは、自分を育ててくれたお母さまのことをなんとか供養したい。と思い、
一人前になられ身に付けた神通力を使って、
亡くなられたお母さまが極楽にいると思い極楽を覗かれました。
だけど極楽浄土にお母さまはおいででなかったんです。
 
あれだけ自分に尽くしてくださって、自分以外の修行僧にも
沢山の供物を施してくださっていたのに
なぜ、極楽にいないのか不思議に思い、他の世界を覗いてみました。
 
すると、苦しみの世界を言われる地獄にもいない。
畜生道と言われる動物の世界のにもいない。
修羅道と言われる争いの世界のもいない。
どこにいるのかなと思ったら、
餓鬼道という、食べても食べても飢えに変わり
食べようと思っても全て木に変わって食べる事ができず、
結局自分の体を食べてしまうという地獄にお母さまがおられたのです。
 
目連さんは、なんとかできないかと神通力を使い、
お母さんの前に食べ物を作りだすのですが、木に変わり食べれません。
どうしてもなんとかできないかと、お師匠であるお釈迦様にお話をしたところ、
 
「目連、お母さまを餓鬼道から救いたければまず、
どうしてお母様が餓鬼道に落ちたのか知らないといけないよ。お母様は思し召しをしたのか?」
「いいえ。そんなことするわけがありません。」
「おまえのお母さまが、確かに他の修行僧だったり、目連さんにも施しをされた素晴らしい方だけど、
実は、こっそり目連さんにだけ量を増やしたり良い食事を与えていたんだ。
他の修行僧とは違うお前の為だけにとっておいたもの、特別扱いをしていた。
だから、お前ひとりの力でお母さまだけを救うことはできない。
餓鬼道にいる全ての人を救おうとしないとお母さまを救うことはできない。」
「では、どうすればいいのですか。」
「修行僧が修行僧の為の修行を行い清らかになって終えて出てくると言われた日が7月15日。
その修行僧に食べ物をお供えをして、
自分自身も一緒に、餓鬼道全ての人が救われるように
とお参りをすれば、お前のお母様は極楽へ行ける。」
と、言われ、目連さんは実行しました。
 
餓鬼道におられた全ての人が成仏し、
自分のお母さんも救われたところを神通力で見ていた目連さんは、
喜ばれて踊ったのが、お盆の踊りの始まりです。
 
こうして今日は、お供えした供物と、皆様とお参りさせて頂きましたので、
家族動物は極楽へ旅立たれ成仏されたと思います。
 
  
《次回の法要の日程をお確かめください》 
 
 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

ペット火葬・葬儀の依頼はこちら

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059