インフォメーション

9月1日福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

残暑が続いていますがたくさんの方が家族動物の供養に来られました。
 

 

 
⇓ こんな法話をいただきました ⇓
みなさん合掌して一礼しますよね。
一礼の仕方にもいろいろありまして私達本山にも決まりがあります。
3つありまして
1.一番深くお辞儀をする
2.45度
3.会釈ぐらいの軽い感じ
いつも最後にみなさんの心に一礼をさせていただいているのですがすごく気持ちがいいです。
あいさつも同じですよね。
目を合わせてする方が気持ちいいですよね。
丁寧さというのは人のためでなく自分の為にしているんだなと感じます。
 
8月にお盆が終わりますと9月にはすぐお彼岸があります。
みなさんぜひご先祖様のお参りと家族動物のお参りに来てあげてください。
 
ところでみなさん宗派の分かれってわかりますか?
まず最初はお釈迦さまなのです。
簡単に例えますとお釈迦さまの教えの本が1巻~10巻まであるとします。
自分の心を見つめるのにこの教えが一番あっていると思って1巻を取るか5巻を取るかで宗派が分かれます。
 
和尚さん心の禅だ掃除だご供養だというけれどもそれを自分の為だというけれども
どういう心境でやっているんですか?
という質問を度々されるわけであります。
禅というのは心の話なんです。
「もう一度この世に生まれながらにして誕生する」こういった感覚なのです。
もっと簡単に言いますすと
「生きている」ではなく「生かされている」ということです。
それをするために私たちは修行道場へいく訳であります。
ただいくら本を読んでも経験がないと分からないことはあります。
みなさんもそうですよね。
家族動物もいつかは亡くなるとわかっていてもその時がこないと
苦しみ・悲しみ・切なさというものは分からないですよね。
 
修行道場でも頭で学んだものを心で感じ取っていく世界に入っていくわけです。
その中でも修行づじょうは4と9のつく日にしかお風呂に入れないのです。
冬はいいのですが夏はとても臭くなります。
なぜこんなことをするかというと水は大切なのです。
もちろん電気もガスもありません。
釜で炊きます。お風呂も五右衛門風呂で薪も大事なものなのです。
燃料・資源の大事さもわかってくるのですが
それでもやはりお風呂に入れないのは臭いです。
修行道場に入ってからだいたい2、3時間しか寝れないのですがあとは叱られっぱなしです。
先輩には「はいかいいえ」しか言えず今までの生活が全く通用しないのです。
それでも3か月すると2時間だけ休憩をもらえます。
体を健康にということで癒す時間です。
3ヶ月我慢してきた生活のなか2時間の休憩で外に出ました。
今まで毎日見ていたお寺の風景が光り輝いて見えるのです。
不思議な感覚でした。
言葉で表すと「見る」というよりも
「向こうの景色が自分に入ってくる」という感覚でした。
同僚と2時間何をするってなったときにお風呂です。
とてもうれしかったですね。
道場ではシャワーもなければ一杯の桶の水しか使えないのです。
蛇口をひねってお湯を浴びたとき爪の先までお湯が染み渡るのが分かるのです。
頭とか心が喜ぶ前に体が喜んでいるという感じでした。
そうしたら自然と大粒の涙がでてきました。
なんの感情なのかもわかりません。
うれしいのか悲しいのか苦しいのか・・・
隣の同僚を見ると体を震わせながら泣いていました。
以心伝心でした。
その時2人して「幸せだなー」と言いました。
 
そんな気持ちでまた着替え外に出ると何も変わっていません。
みんな仕事をしたり歩いた・・世界は何も変わりません。
自分が変わらなければ何も変わらないんだと感じました。
幸せな気分を味わっても一歩外へ出れば「あの道場にもどらなければ」という気持ちになるわけです。
そしてあの時の幸せな気持ちはなんだったのかと忘れかけた1ヶ月後ぐらいふと気づきました。
一杯のお湯でお風呂に入っていてはじめは
「こんなもんで入れるわけないだろう!」と思っていました。
その経験して1ヶ月後この水を足りない水としてではなくて、
桶の水を活かして自分の体を洗っている自分に気づきました。
 
あーこういうことなんだと思いました。
人のせい、環境のせい、生かされているから生きている自分という心が転換されていると
今日1日の生き方も変わっていくんだと思えた瞬間、
今日ここに来られているみなさん、
みなさん同じ合掌でもそれぞれのアプローチの違いで今日1日の味わい方も変わってきます。
されど1時間2時間でもみなさんの命の時間です。
 
是非秋のお彼岸にはご先祖、家族動物のお参りに行き自分の生き方を
見つめ直していただけたらなと思います。
 
《次回の法要の日程をお確かめください》
 
当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182
 

24時間・年中無休受付

ペット火葬・葬儀の依頼はこちら

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059