インフォメーション

10月6日福井動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

朝・晩と冷え込むようになり日中との温度差が目立つようになってきましたが
みなさん体調崩されていませんか?
今から冷え込む日も増えてきますのでお体には気を付けてくださいね。
この度の法要にもたくさんの方が家族動物の供養に来られました。
 

 

 
⇓ こんな法話をいただきました ⇓
清々しい秋の一日となりましたね。
みなさん空を見ましたか?高いですよね。
秋はどんどんどんどん空が高くなっていきます。
心まで広くなっていくようなそんな気持ちになりました。
そう感じるとそんな空に気づけることが幸せだなんだなとつくずく思えるようになりました。
 
「おかげさま」という言葉がありますよね。
これは感謝のように思われるかもしれませんが、
でもお寺にお悩んでいる方が来て相談にこられますがそういった方に感謝しなさいよ感謝だよって言葉はかけられません。
感謝したいですが感謝出来ないときときだって我々の人生いくらだってありますよね。
 
でもそこで気づかないといけないこともあるんではと思います。
「おかげさま」という言葉は3つの感じでできています。
「御蔭様」ですがなぜこの3つの感じなのかわかりますか?
蔭(かげ)というものに御(おん)と様(さま)をつけています。
たとえば「おつかれさま」「ごくろうさま」とみなさん使われますよね。
ということは蔭に敬意を表して御をつけているのです。
「御蔭」それでもたりないから様をつけているのです。
 
ではみなさんどういったときに御蔭様という言葉使いますか?
色んな使い方があると思います。
人に言われて「御陰様で元気です」心配してくださってありがとうございます。
他にも感謝として「あなたのおかげで今日ここまでこさせていただきました」
まだまだ使い方はあります。
本来の陰というのは草かんむりの蔭
目に見えないもの・目に見えない力という意味があります。
よく草場の陰ってご先祖様のことを言います。
私達は気付いているわけであります。
目に見えない力とかではなくて
今日朝に吹かれた風にそよがれた中に「あー気持ちいいな」と感じたり
空を見上げた時に「あー気持ちいいな」と感じたりしたときに
自分が広い世界に生かされているんだなと思うときありませんか?
そういう時に陰ながら自分を支えてくれているいろんなものに気付いた時
私達は御蔭様と感じているんです。
 
ならば生かさなければいけないのです。
花は綺麗ですよね。
その花を支えているのは枝です。その枝を支えているのは幹です。その幹を支えてるのは根っこです。
根っこは土の中にあるから見えませんよね。
「咲いた花見て喜ぶなら咲かせた根元の恩を知れ」という言葉もあります。
根本の恩ちうものは心にあるわけです。
面々と受け継がれてきたご先祖様からの命という一筋の中に私達がいるわけです。
毎日は感じていなくても命の尊さというものを感じる心があるから
家族動物、みなさん動物だからって差別していますか?
なんで今日ご供養にきているんですか?なんで手を合わせているんですか?
そこに良いも悪いも差別も肩書も人間だ動物だという自分のつまらない固定概念もないからじゃないですか。
心で語っているんですよ。
つまり御蔭様と言葉に出せなくても手を合わせる、
このこと事態がそういった思いに気づかされている毎日を生きているっていう証なのです。
 
だから私はよく言います。
「手を合わせるという事は1秒でなれる人間が美しい姿だ」
私はこういうことをこれからもみなさん大事にしてほしいなと思います。
 
お仏壇や神棚だけじゃないですよ
みなさん1日の中で1番手を合わせるのはいつですか?
「いただきます」「ごちそうさま」と手をあわせますよね。
ほかにもごめんなさいの時などもありますよね。
 
とんぼはなぜ飛べますか?
羽があるからではないのです。その羽を動かさないといけないのです。
1秒間に300回以上動かしているそうです。
みなさんできますか?できませんよね。
ではみなさん手をあわせてください。
1秒で何回手をたたけますか?
人間1秒で300回は無理ですが1秒でもできることはあるんです。
御蔭様とはなにか、目に見えるものが大事なのではない。
目に見えないなかでちゃんとしっかり生かし生かされながら今日一日を生きている私の心がある
だからこそ手を合わせる1秒でできる人間の美しい姿だ
もう一度そういう気持ちで家族動物の命と自分の命と差別せずに自分と向き合って
今日生きる源にしていただけたく、これが供養
供えて養う、みなんの心の供養なんです。
 
是非、そういったことを忘れずにこれからも一緒にご供養続けていただけたらありがたいなと思います。
 
《次回の法要の日程をお確かめください》
 

当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
ペット愛葬社
石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
福井県鯖江市新横江1-816 サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182

24時間・年中無休受付

ペット火葬・葬儀の依頼はこちら

石川県0120-22-1059

福井県0120-55-1059